過去の話

思い出し泣き

実家に帰ると少しだけ離れた祖父母にひ孫を会わせに行ってた。 じいちゃんはいつも同じポーズでテレビを見てる。 ばあちゃんは脳梗塞をしてから半身動かなくなって介護ベットの上にいる。 耳が遠くなったじいちゃん。 それでも顔を見せに行くと嬉しそうに笑…

主人と知り合ってから

色々あった。 主人の直前にちょっと知り合って付き合った男性の子を妊娠していた。 それは主人にも話した。 堕胎する方向で。 これはモメにモメて後期で出産という形での堕胎になった。 それが落ち着くまでは主人とは会わないと約束もしていた。

別れ

私が20になったばかりの頃から、彼とは少し険悪になっていた。 結果、彼が本当に出て行くという事で別れる事になった。 彼も冷え切った奥さんと離婚をしてやっと普通のカップルだと思っていた矢先だった。 付き合った期間は今計算すると3年ほどかな? もっと…

初デートの日

誘った場所は水族館でした。 遠足とか以外で行ったことないところ。 旦那はデートも連れて行ってくれなかった。 結婚指輪も結婚式もなし。 普通のデートに憧れがあった。 だから水族館を選んだ。

私の中の運命の出会い

仕事では男性従業員もいます。 車を運転するドライバーさん。 大体仕事にも慣れてきて、色んなドライバーさんと顔見知りになりました。 割りと仲良くなりますが、地域でほぼ固定するメンツです。

里帰りしてから

もう育児ノイローゼを超えてたんでしょうね、私は育児放棄に近いことをしました。 言い訳はしません。 友人と遊ぶ為に親や弟に子供の面倒を見てもらって遊びました。

里帰りを決意

怒りゲージは日々貯まっていきました。 前回の日記の事が毎月必ずあるのです。 本来ならもっと早く決意する事なんですが、変わってくれるのを期待してました。 子供がもう少し大きくなれば変わるかも、と。

最悪な生活

3人で生活するようになってからはひどいもんでした。 実は、家の構造として古い家でしたが、ふすま一枚向こうに旦那の兄がすんでいるのですよ。

初めから心を砕かれた瞬間

相手に妊娠してたこと、今後どうするのかを話し合うために電話で話ました。

16歳で妊娠

ずっと若くして結婚して子供が出来るのが夢でした。

卒業した後は。

高校には行かずに、アルバイトをしようと思いました。

中学生になった後。

中学に入ると、完全に油断しきってました。 初めて出来た彼氏と家で遊んでいた時、家に電話がかかってきました。

小学校時代続き

過去話、小学生のときの続きです。

小学生時代。

2年生は何事もなく過ごしていました。 この頃から友人Aは親友になっていたと思います。 家を行ったりきたりしていました。

21歳より前のお話。

過去については記憶のない部分があってあまり触れていませんでしたが、 思い出せる部分から少しづつ触れていこうと思います。