読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境の変化





昨年は夫婦揃って本厄だったせいか、本当に色々ありました。

胃潰瘍ヘルニア、とどめは祖父の死でした。

祖母は脳梗塞をし半身不随で入院中のこと。

そのため母親が喪主をする事になりましたが、家族全員が身内の死を初めて経験しました。

 

心の準備をする期間は少なからずありましたが、嫁いで少し離れて住んでいる私(うつ状態)では、うまく受け止める余裕もなく葬儀の当日に祖母・母・弟2人の前で兄と泣きながら罵倒し合う喧嘩をしました。

(主人は子供を連れて離れたところで話は聞いていました。)

この時の私たちを見て、全員が泣いてしまうほどでした。

元々、兄は話がかみ合わない部分があり普段なら上手くかわすのですが、お互い配慮出来ない心境だったのでしょうね・・・

主人には気を使わせて申し訳なかったなって気持ちで泣きながら謝りました。

その時、”ここ2日見てたけどお兄ちゃん、アスペルガーじゃない?”と意外な言葉を言われました。

アスペルガーについてまとめてあるサイトを見せてもらい、症状などを照らし合わせると確かにほとんどが一致していました。

逆にそれで納得できる部分も増えたのです。

 

自分への疑いも、ここからだったかもしれません。

 

広告を非表示にする