読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それから自分がした事(2)





(注)今更ですが、ブログの記述通り忘れ物・まとめるのが苦手であります・・・。

そのため、同じ内容や言葉足らずな文章も出てくるかと思いますが暖かく見ていただけると嬉しいですm(_ _)m

 

 

まずはそれまでの症状・困っている事・相談したい事をメモに書き出しました。

1度目の電話でそのメモの通りに説明、現在は心療内科に通っている事を伝えました。

最初は主治医に相談した方がいいのでは?と言われましたが、次までに期間がある事を説明して、可能性がないとわかれば気にしないようにしたい旨を伝えたら相談日を決めてくださいました。

(相談員の方がその場にいて手が空いている場合は、1度目の電話で済む事もあるそうです。)

ここで受付の方に言われたのが、

”可能であれば幼少期からの事を思い返してまたメモを取ってみてください。

相談の際に必要になる場合もあります”

もし、相談を考えている方は思い出せる限り書いてみてください。

 

言われるままに私もメモを書いてみました。

  • 小学校1年生の時には100点があって嬉しかったこと。
  • 2,3年に性的被害が多かったこと。
  • その件は親・先生を含め大人には話せなかったこと。
  • そのせいで嘘をついて帰宅時間を早めようとしたりしたこと。
  • またその件で、先生からすごく攻められて人の目を見れなくなったこと。
  • 被害にあったこと以外の学校生活、私生活をあまりを思い出せないこと。
  • 学校に行くのを嫌がっていたこと。
  • 思い出せるのは、気づいた頃には学習についていけなかったこと。
  • 中学の頃には孤立していたこと。
  • 勉強が出来ない、友達も少ない状態なら高校なんて・・・と思って高校には進学しなかったこと。
  • アルバイト・パートが全然続かなかったこと。

自分で思い返せたのは、確かこれくらいだったと思います。

記憶がないことに気づいて、唯一幼稚園のころから今でも親友でいてくれる子と母親に話を聞いてみました。

(親友いぜんに、友達として何でも話せる子がこの子しかいない訳なのですが・・・(泣) ただ、性被害を含め、子供の頃からこの子には何でも話していました。)

聞いた内容をまとめると

  • 学校に行きたくないと言った事はなかった。
  • 親友からも親からも、外観的には学校生活は楽しそうにしていた。
  • 小学校・中学校ともに勉強が極端に出来ないとは聞いていない(先生や私本人から)

他にもあったような気はしますが、私の記憶とは食い違っていました。

自分の記憶は本心で、周りには前向きな自分の姿が見えていたのかな?

だから”女性の発達障害はわかりづらい”ってところに繋がるのかなという印象でした。