セロクエル





現在服用中の薬の特徴を、参考にしたサイトからまとめさせていただきます。
先に自分の使用実感から・・・

 

 セロクエルとはネスタフルニトラゼパムだけでは寝れないと相談したところ、寝る前に1錠飲むよう処方された薬です。

この薬は飲み始めたばかりで何とも言えないですが、
今のところは久々にゆっくり睡眠できた!ってくらい寝れました★
ただ、今もまだ少し眠いくらいですorz
後は少し気持ち悪い気がするけど、これは薬に慣れるまで我慢かな・・・。

 

 

心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。
心の病気の治療に用います。

気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。
そのような作用から統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態など
いろいろな精神症状に応用することがあります。

 

作用

心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。
現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。
幻聴など幻覚、妄想を生じることも多いです。

このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善します。
おもな作用は、ドーパミンセロトニンという2つの神経伝達物質をおさえることです。
2つをおさえることで、統合失調症の陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と
陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)の両方によい効果を発揮します。

統合失調症はめずらしくなく、100人に1人くらいかかる一般的な病気です。
特別視することはありません。この薬をはじめ、よい薬がいろいろとあります。
薬物療法を中心に きちんと治療を続ければ、普通の社会生活が送れます。

 

飲み合わせ

  • 飲み合わせの悪い薬・アドレナリン(ボスミン)
  • 飲み合わせに注意(作用増強)
  • 他の安定剤、マクロライド系抗生物質(エリスロシン、クラリス等)、アゾール系抗真菌(イトリゾール等)
  • 飲み合わせに注意(作用減弱)
  • てんかん薬(フェノバール、アレビアチン、テグレトール等)、リファンピシン(リファジン)
  • アルコールといっしょに飲むと、眠気やふらつき、立ちくらみなどの副作用がでやすくなります。
  • 飲酒はできるだけ控えてください。

食生活
とくに飲みはじめに起立性低血圧(立ちくらみ)を起こしやすいです。
急に立ち上がらないで、ゆっくり動作するようにしましょう。
眠気がしたり、注意力や反射運動能力が低下することがあります。
車の運転など危険を伴う機械の操作、高所での危険な作業は避けましょう。
口が乾いて不快なときは、冷たい水で口をすすいだり、小さな氷を口に含むとよいでしょう。
体重が増えてきたら、食生活を見直してください。食べすぎに注意し、適度な運動を心がけましょう。

 

重い副作用】(めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

  • 高血糖
  • 糖尿病性昏睡異常にのどが渇く、多飲、多尿、食欲亢進、多食、脱力感、もうろう、意識がうすれる。
  • 低血糖力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり。(さらに重くなると、異常な言動、けいれん、昏睡)
  • 悪性症候群動かず黙り込む、体の硬直、飲み込みにくい、急激な体温上昇、発汗、頻脈、ふるえ、精神変調、意識障害
  • 肝臓の重い症状だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。
  • 横紋筋融解症・手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。
  • けいれん・めまい、頭痛、ふるえ、手足のしびれ感、筋肉のぴくつき、意識低下、全身けいれん。
  • 無顆粒球症、白血球減少発熱、のどの痛み、口内炎、咳、痰、だるい。
  • 遅発性ジスキネジア頻回なまばたき、口の周辺がピクピクけいれん、口をすぼめる、口をモグモグさせる、舌のふるえ。
  • 麻痺性イレウス食欲不振、吐き気、吐く、激しい腹痛、ひどい便秘、お腹がふくれる。
  • 静脈血栓症肺塞栓症手足(特にふくらはぎ)の痛み・はれ・むくみ・しびれ、爪の色が紫、突然の息切れ・息苦しい、深呼吸で胸が痛い、急な視力低下、視野が欠ける、目が痛む。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

統合失調症とのつきあい方 [ 蟻塚亮二 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/3/24時点)


 

 

↓下記参考にしたサイト↓
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179042.html
(上記記事引用)