読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロチゾラム





現在服用中・服用した事のある薬の特徴を、参考にしたサイトからまとめさせていただきます。
先に自分の使用実感から・・・

 


プロチゾラムは、今の飲んでいるフルニトラゼパム(商品名ロヒプノールサイレース)になる前に、
ネスタと合わせて出していただいた薬です。

使用実感は…
正直、全然効いている感じもせずフルニトラゼパムへ変更になりました。
副作用も感じた事はありません。

 

プロチゾラム

 

寝つきをよくするお薬です。
脳の神経をしずめる作用があります。
そして、不安緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。

 

【特徴】

睡眠薬として広く使用されている系統です。
比較的安全性が高く、効き目もよいので、不眠症の治療には、まずこの系統が使われます。

同類薬のなかでは、持続時間が短時間型です。
寝つきの悪いときや一時的な不眠に適します。翌朝の眠気や不快感も少ないほうです。

普通錠のほか、水なしで飲める口腔内崩壊錠(D錠またはOD錠等)があります。


【副作用】

比較的安全性の高いお薬です。
正しく服用するかぎり、重い副作用はまずありません。
ただ、人によっては、翌朝に眠気やふらつき、けん怠感や脱力感などが残ることがあります。
高齢の人は、転倒にも注意してください。

 

特殊な事例ですが、一過性前向性健忘やもうろう状態の発現が報告されています。
服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜間起床時の行動を覚えていない、といった事態が起こります。
仕事を控えた短時間の仮眠前の服用などは避けたほうがよいでしょう。

 

とくに多めの量を長く飲み続け体が薬に慣れている状態で急に中止すると、
かえって眠れなくなったり、不安やイライラ、吐き気、震えなどの反発的な症状がでることがあります。
中止するときは、医師の指示のもと徐々に減量するようにしましょう。

また、自分だけの判断で安易に量を増やしたり用法を守らず昼間に飲んだりすると、
効きめが悪くなるばかりか薬に頼りがちになり、なかなかやめられなくなってしまいます。
指示された用法用量を守ることが大切です。

【重い副作用】めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

 

依存…長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。
このとき急に中止すると、イライラ強い不安感不眠震え痙攣混乱幻覚など
思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。

 

精神症状…もうろう状態異常行動夢遊症状興奮取り乱す幻覚(とくに、もともと精神障害がある場合)

 

一過性前向性健忘服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜中に起きたときの出来事を覚えていない、もうろう状態

 

呼吸抑制・炭酸ガスナルコーシス息苦しい窒息感翌朝の頭痛頭が重い

 

肝臓の重い症状…だるい食欲不振吐き気発熱発疹かゆみ皮膚や白目が黄色くなる尿が茶褐色

 

 

↓参考にしたサイト↓

www.interq.or.jp

(上記記事引用)