中学生になった後。





中学に入ると、完全に油断しきってました。

初めて出来た彼氏と家で遊んでいた時、家に電話がかかってきました。

 電話の相手は知りませんが、おばあちゃんが出て兄に代わりそのまま家を出て行きました。

おばあちゃんに誰からか聞くと、私にイタズラしてきた年長者だったのです。

帰ってきた兄に話を聞いたら、妹を呼んで来いと言われたようでした。

 

私がふと思い立った20歳頃に兄に聞くと、兄には何度もそんな話が来ていて、相手の家に出向いていたようです。

殴られたこともあったようでした。

それでも兄は私にはなにも言わずに、我慢して拒否していたそうです。

そこはすごく尊敬と感謝をしています。

その日からまた少し怯えつつすごしましたが、何事もなく中学を卒業しました。

ここまでが性的暴行の話です。

それ以外にも近所のおじさんだったり、兄の同級生、親戚のお兄ちゃん、隣の家のお兄さん、知らない人など等・・・

小学校から中学校まで体を触られる事は何度もありました。

 

中学時代は私にとって面白くないものでした。

グループが出来るようになり、それがキライな私は同じような子としか話さなくなりました。

小学校でも仲良かった子もグループが出来、離れました。

この時、親友Aは学校に来ていなくて、ほぼ孤立状態の3年間でしたが

そんな中でも彼氏は2年の時と3年の時で2人できました。