自分の統合失調症について (陰性症状)





先生に確認してほぼほぼ間違いなく統合失調症の診断が出ましたので、今後は統失(陰性症状)についての記事が多くなると思います。

実は本当にそうなのか疑っている自分がいます・・・。

(過去についてはまたゆっくり続きを書きます。)

 自分の陰性症状の状態は、

陰性症状】感情が鈍い・引きこもり - 統合失調症キュア

やる気・集中力の低下:
仕事で働く、学校で勉強するということができなくなり、仕事を辞める・学校を登校拒否してしまう。

歯磨きや入浴するといった日常では当然の行為も億劫になって一日中何もせずに寝て過ごす日々を送るようになっている。

日々引きこもりたい感情はあります。
まだそこまでしていない(出来ない)状態なので酷くはないのかな?
 → 症状が最も酷くなると部屋に引きこもってしまい世間の声が届かなくなり、社会への復帰が難しくなってしまうので出来る限りの早期治療が求められる症状です。
 
ただ、他の陰性症状の症例を見ても、当てはまる箇所は少ないです。
なので、本当にそうなの?と疑っている自分がいます。
元々は人が好きな寂しがり屋です。
でも、確かに今は極力関わりたくない気持ちが多いです。
なのに、外国人に声をかけて写真を撮らせてもらう。
この辺が自分で良く分かりません。
主人が一緒にいる時だけの行動なので、そこが関係してるのかもしれません。
 
陰性症状】感情が鈍い・引きこもり - 統合失調症キュア

確かに最初の病院ではうつ病と言われ、薬をもらっていました。

効果は全然ありませんでした。

なので今の病院でこの診断なのかもしれません。

→ ここまでの症例を見ていくと、うつ病とほとんど同じため同じ治療法でいいのではないかと思う人もいるかもしれませんがそれは間違いです。
うつ病陰性症状の症例が似ているものであっても、病に対する治療が同じでは病から回復することができないのです。

陰性症状】感情が鈍い・引きこもり - 統合失調症キュア

この2つは医師の間でも判断が難しいので、素人目線で勝手に「うつ病なのでは」と決め付けてうつ病と同じ治療をすると、さらに悪化するケースや少し症状が和らいでも何度も頻繁に発症して中々落ち着かない場合もあります。

 

お医者さんは元々好きではないので、疑ってしまう気持ちは大きいですが、信じて治療を続けてみたいと思います。

 

↓参考サイト↓

【陰性症状】感情が鈍い・引きこもり - 統合失調症キュア

 (記事引用)