読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里帰りを決意





怒りゲージは日々貯まっていきました。

前回の日記の事が毎月必ずあるのです。

本来ならもっと早く決意する事なんですが、変わってくれるのを期待してました。

子供がもう少し大きくなれば変わるかも、と。

 甘かったです。

私の母親の悪口、ケンカの最中に逆切れで私の唯一のライフラインの携帯を折る。

これでゲージが振り切ってしまいました。

 

周りに知り合いのいない私は、日々友達や基本的に親に電話してストレスの発散をしていました。

当時の携帯は2つ折りでもなく、データの復旧はできない形です。

それを折られたのは絶対忘れられません。

友達どころか、親に連絡が出来なくなった。

そう思うと、子供のように号泣しました。

翌日には新しい携帯の契約をしましたが、怒りは納まりません。

旦那と話し合いをする事にしました。

だけど、それだけではスッキリしなかったので、一度家に帰りたいと願いました。

あっさりOKが出たので、しばらく里帰りが決定しました。