実家の事





実家の・・・というか、歩んできた人生の事。
自分でも特殊な環境だなーとは思っていたけど、特殊どころではなかったようです。
思い返してみた事を、まとめて書いて見ます。

これが今の私の症状に繋がっているのかな、と思ったので。


ただ、かなり重い話しだと思いますので観覧注意です。
すでにブログに書いたものもあるので、詳細を省いている部分があるため読みづらいかもしれません。
後、長いです・・・。

 

 

 

私は京都で産まれました。
雅な方ではなく、ド田舎の方です。

 

父方のおじいちゃんが昔、大工仕事をしていて
その時に建てた一軒家?に、父方の祖父母と8人で住んでいました。

 

外観はボロボロで、お風呂は薪で沸かすタイプでシャワーなし。
トイレはボットン便所。
どちらも屋外にありました。

 

それが私には当たり前だったので不満はありませんでしたが、
友達を呼ぶのは恥ずかしくて・・・。

 

兄と私は、私立の幼稚園に通っていました。
なので、裕福とまではいかなくても余裕のある生活であったとは思います。
弟2人が生まれても、夏には父の友人だったり親戚と旅行に行くのが恒例でした。

 

自由に遊びまわって、楽しく過ごしていました。
下記はそれ以降の話。

 

身内からの性的被害

小学生である程度育った時の事。
下記の記事にも少し触れていますが・・・

 

小学生時代。 - 成人してから知った精神病&Photo Gallery

小学校時代続き - 成人してから知った精神病&Photo Gallery

中学生になった後。 - 成人してから知った精神病&Photo Gallery

 

上記のように性的被害が多くなった時期です。
これは祖父からも受けていました。

 

私はよく祖父母の部屋で寝ていたのですが、布団の中で体を触られる事が増えました。
祖父母の行為を何度か見てしまった事もあります。
親戚のお兄ちゃんにも、何度か下半身を触られたりもしました。
考えられないのは、思春期を迎えた実の兄からもされた事。

 

嫌で嫌でしょうがなかったです。
ですが、誰にも言ってはいけないと思い言えませんでした。
(実は弟2人も兄から被害があったようです。大人になってから親含め暴露大会のように話ました。)

 

両親

物心が付く前から理由は思い出せませんが父の事が嫌いでした。

仕事から帰ってこなければいいのに、家にいなければいいのに、と。
レンタルビデオ店に行けばAVコーナーに直行で、子供の前でも平気でAVを見る人でした。
仕事の車に乗せてもらえば、後部座席にはエロ本の山。
そういう所から、内心どこかで拒否反応が出ていたのかもしれません。

 

私が高学年になった頃、父が血を大量に吐き救急車で運ばれました。
通常なら死んでもおかしくない程の出血だったそうです。
お見舞いは、母がマンガを買ってあげるからと買い物目当て以外では行きませんでした。
後はどうしてたか、記憶がありません。

 

ある時から、家に電話が毎日のように数件かかってくるようになりました。
自分が何歳くらいだったかは覚えていませんが、内容は借金の返済について。
そこは、まだ理解出来ていない年齢だったのか、私がアホだったのか・・・。
借金がどういうものか、わかってなかったです。
電話の記憶はあるので高学年だったとは思います。

借金の理由は知りません。現在も聞いてはいません。

 

母は主婦だったので家にいたのですが、
私達がいる時は電話を取って【大人の人はいない】と伝えてと言われていました。
父がいるときに電話がかかってきても同様でした。

何度もかかってきては、上記の流れだったので兄弟で押し付けあっていました。

 

電話の回数が増え、私が中学生の頃に急に父が仕事を辞めました。
働いても、収入が借金返済に消えるから、らしいです。
母がパートを始めました。

 

私も思春期に差し掛かっていたので反抗期もあったのか、
父が《嫌い》から《大嫌い》に変わっていました。

 

今思えば、家はそんな状態・学校でも上手くいかず・・・
居場所は仲の良い数名の友人だけ。
そこだけは救われてますね。

 

私が中学卒業した頃、1人1台持てるくらい携帯電話が普及し始めました。(多分そうだったような・・・。)
私も中学卒業してすぐに持たせてもらい、チャットなど楽しんでました。

 

そんな時、両親が揃ってお互い公認の元で出会い系を使って相手を作りました。
母はわかりませんが、父は離婚なんて考えてはなかったようです。
私は外泊が多くなりました。
親友の家に何日も泊まったり、遊びに出歩いたり・・・。

 

借金の事があってお金に困った時期があったから、
自分で自由に使えるお金が欲しくてバイトを探しました。

 

人間関係が上手く作れずに長くは続きませんでしたが、
初めてもらった給料はお小遣い程度を残して、携帯代として親に渡しました。
(パケ死って言葉が流行った時期で8万くらいだったか、かなりの額でした・・・。)
ここで渡したお金は携帯代に使われずに親が使っていました。

 

何度かバイトを探して挑戦しましたが、やはり続きませんでした。
その頃に前の旦那と知り合って妊娠。

 

私が東京へ嫁いですぐに、両親が離婚した事を母から聞きました。
その後は弟から聞いた話なので詳しくはわかりませんが、
母は母方の祖父母が住んでる実家、奈良に帰っていました。
離婚はお互いの名義で自己破産して綺麗にするためにしたそうです。
父は、それが終わったらまた母と再婚するつもりだったそうですが、
母にはそのつもりはなかったようです。
それを知った父が母の元に来て怒鳴り散らし、首を絞めたりしてたそうです。

 

私が離婚を意識し、奈良に戻った頃には何事もなかったようになっていました。

 

中学生と小学生だった弟2人は不登校になっていました。
結果、兄弟全員が中卒。

 

上の弟は就職しましたが、対人的ストレスで胃に穴が開き退職。
下の弟も仕事をする意志がありありませんでした。
私は日雇いバイトで稼いでは散在していました。

 

現在の実家

母は、私と同じ歳の彼氏が出来ました。
(それまでに何人かいたようですが上手くいかなかったようです)
いつのまにかその彼氏が住み着くようになりました。
その彼氏も最初は普通に仕事をしていたのですが、いつの間にか辞めていました。
当時の家の構成は、
母、母彼、私、私彼、弟2人

 

そこへ、たまに兄・父が来ます。
父にも彼女が出来ていました。
(さすがに連れては来ませんが、彼女とのデートに弟を連れて行く事もあったようです)

 

兄は家を借りて、別に住んでいました。

 

母に彼氏が出来たとこからここまでが、私が17歳~21歳。

 

21歳~私が主人と出会って同棲~結婚・出産してからはブログに書いてる通りの生活をしていました。

 

上の弟はまだ仕事が怖いようで、バイト探しはするものの出来ずにいます。

人のいる場所へ行くと冬でもおかしいくらい汗をかくから出たくないって話てたので、

恐らく対人恐怖症とか精神的な病気の可能性があります。
ただ、おじいちゃん・ばあちゃんの介護と家の家事全般は弟が頑張ってやっているようです。

 

下の弟はアルバイトをし、そこで彼女が出来ました。
おじいちゃんの家で彼女と同棲をしていました。
今年、そのバイトの正社員試験を受け合格し、地方へ研修にいきました。

 

母彼も仕事をしているようです。
ただ、闇金でお金を借りてしまったようで返済に苦労していたみたいです。
母に金の無心をする事もあったそうで。
現在は返済はし終わったらしいですが、パチスロ依存症なのでどうしようもないです。

 

私は昔から下の弟と一番気が合いました。
私が成人して今の主人と同棲を始めても、いい歳まで弟は私の行くところに付いてきて一緒に遊んでいました。

 

おじいちゃんが亡くなって、おじいちゃんの家もなくなって・・・
下の弟も地方に行ってしまってからの初めての帰省。

 

今年のお盆・おじいちゃんの初盆です。

 

そこで初めて、実家の居心地の悪さを感じました。
母の事も、上の弟の事も好きです。
兄の事は現在、嫌いな部類ですが。
母彼も別に嫌いではありません、私に害はないので。

 

今までは目的として祖父母に息子を見せる事でした。
下の弟もバイトが遅くまでありますが、帰省しては色々話し込んでいました。
それがなくなって寂しかったのかもしれません。

 

主人も一緒だったので気を使ったのもありますが、
ただただ居心地が悪くて早く大阪に帰りたくなりました。

 

帰ってからすぐに主人に話しました。
実家には兄も来たのでそのせいではないかって事でしたが、何か違います。
結局、次の帰省を考える事はしていません。
遅くてもお正月には行きますが・・・。
帰省をためらう理由もまだ見つけていません。

 

お盆なので主人の実家にも行きました。
不思議な事に、主人の実家に行くと毎回自然に寝れるのです。
近い為、泊まりで行った事はないですが、お昼寝としてですね。
(嫁としてはどうかとは思いますが><)

 

いつも主人と私が動かなくてもいいように、先々行動して用意してくれます。
主人の実家も主人が住んでいた頃は色々複雑だったのですが、今は落ち着いています。
それを見てどこかで実家同士を比べているのかもしれません。

 

 

私は私で、今まで自分の実家は普通ではないと感じながらも、
自分からは見えないだけで、どこも家もそんなもんだと思っていました。
私がこうやって気づいたのは、主人と主人の友人との会話。
スカイプでのチャットのやりとりです。

 

私と主人のPCが隣通しなのでお互い私が見てる事を前提でやりとりしているのですが、
そこで友人が自分の周りの家庭の複雑さを語り始めたのがきっかけでした。

 

《実家は裕福な家庭の子の話だけど、母親が過保護で仕事をさせてくれない。
最近ようやく仕事出来たけど、生活費を徴収されるので実家を出たいが、また母親が反対している》

この内容を見て何かモヤっと・・・というかイラっとしました。
主人も同じだったようで、ちょっとキレ気味に私たち夫婦の実家の話を出しました。
細かいところは話していませんが・・・。
(主人の実家の事は、ここでは書きません)
自分達がいかに恵まれてるのか、少しは自覚しろと。
下を見るとキリがない事。

 

その子が最大の不幸のように語られるのが気に障ったようです。
不幸自慢が嫌いな主人は、自分の友人にも実家の事を言ってなかったようです。

私も自身では気づいてなかったので特に言ってませんでした。
主人には、昔こんな事があったんだよーとか、普通に全部話していましたが。

 

そこで、【俺よりも久美の家の方が複雑だけどな】と言いました。


私はキョトンとなりました。

”私の実家の方がひどいのか?”と

 

その話がきっかけで、今回の事をこの辺がひどいのかなーと思い出せるだけ書き出してみました。
恐らく、忘れてる・意識してないだけで今の症状の原因が他にもあるかもしれません。

 

今は幸せなんだと思います。
大事にしてくれる主人(多分・・・。)がいて、ママ大好きな息子もいて。
でも普通の家庭がわからなくなってしまって現在は幸せという実感もない。
当時よりは幸せだと思うけど、大人になってから当時にはわからなかった感情が時間差で無意識に沸いてきてうつ病だったりの症状が出てしまって・・・。

(金銭感覚やお金については確実に昔の経験からでしょうか)

自分が病気にならなかったら・・・と思ったりもします。

 

息子には可能な限り、不自由な生活をさせないように、
今の自分でも出来る事はしてあげたいです。

 

来週に通院日があるので、先生に上記の事を詳しく話した方がいいか聞いてみます。
(あんまり聞いてくれない先生なので話すの断られそう・・・。)